2019年5月16日

個展「ランド」開催のお知らせ





5/31から6/5
神宮前OPAギャラリーさんにて
個展を開催させていただきます。
2年ぶりの個展となります。
この度も最近少しずつ取り入れている透明水彩で
風景をメインに描いています。

期間中は連日午後13時以降は在廊の予定です。
急な時間変更等はこちらのページかfacebookにて
随時お知らせさせていただきます。

ご都合よろしければ
どうぞお立ち寄りくださいませ。




2019年1月31日

珈琲館のお仕事 2




他に珈琲館の人気メニューを意識した
カードサイズの作品も飾っていただいています。


珈琲館のお仕事 1




全国展開するフルサービスの喫茶店、
「珈琲館」のリニューアルに伴い
店内を飾るオリジナルアートとして
この度私の作品をご採用いただきました。

コーヒーを楽しむ女性をシンプルな線で、
というオーダーで数点描かせていただきました。
珈琲館イチ押しのホットケーキも添えて。

まずは神楽坂店から飾っていただいています。
https://www.kohikan.jp/kagurazaka/
おついでがございましたら
どうぞ一服なさってくださいませ。







2019年1月30日

ブックレット出版記念会





『イラストレーター毛利彰の軌跡 
 〜 鳥取美術と戦後日本のイラストレーション史のなかで
先週末鳥取市県民ふれあい会館にて
出版記念会が開催されました。
予想以上に多くの方にお集まりいただき
和やかな雰囲気の中で進められ、良い会になりました。
著者の筒井宏樹先生始め、
ご協力いただきました皆様や
お寒い中ご参加くださった皆様、
イラストレーター毛利彰の会の世話人の方々、
心より感謝申し上げます。
どうもありがとうございました!

手塚治虫「火の鳥 未来編」
1986年 角川書店刊 ハードカバー版
装画:毛利彰





2019年1月23日

毛利彰ブックレット




『イラストレーター毛利彰の軌跡 
     〜 鳥取美術と戦後日本のイラストレーション史のなかで 』
この度亡父のブックレットが発行されました。
(発行:イラストレーター毛利彰の会、鳥取県文化芸術活動支援補助金活用)
鳥取出身のイラストレーター毛利彰の生涯の軌跡を、戦後の鳥取美術と
日本のイラストレーション史の流れと共に描かれています。

著者は鳥取大学地域学部附属芸術文化センター准教授の筒井 宏樹さんです。
鳥取のご出身ではない上に、生前を知らないお若い筒井先生ですが
毛利彰に大変興味を持ってくださり、鳥取美術も合わせて深く調べていただき
素敵な一冊にまとめてくださいました。心より感謝申し上げます。
ほか、ご尽力いただきました多くの方々へも
この場を借りまして深く感謝申し上げます。
諸々の事情により流通に乗せることが叶わず、
山陰地方以外での販売が難しくなっておりましたが
この度、銀座蔦屋書店さんと鳥取岡山アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」さん
置いていただくことになりました。
山陰地方にお住いの方は今井書店各店舗ほか公共施設などでご購入いただけます。
(今井書店さんは送料・手数料別で発送もしてくださいます)
ご興味がございましたらお買い求めいただけたら幸いです。

また、今週末1/26土曜日14時から16時半、
鳥取市扇町の県民ふれあい会館にて出版記念会を開催します。
当日はブックレットに掲載されている作品の原画も展示する予定です。
山陰にお住いの方々、お時間がございましたらお気軽にご参加ください。

余談ですが、今回表紙デザインを担当させていただきました。
個人的には恥ずかしながら記念すべき初の装丁のお仕事です♪


装画のお仕事




幻冬舎さんから
『落ちこまない練習  病気や不幸は慈悲の贈り物』
が出版されました。
装丁は石間淳さんで
私は装画を担当させていただきました。
著者は曹洞宗の尼僧、愛知専門尼僧堂堂長の青山 俊董さんです。
流れるような温かいことばが連なって
心が洗われるような心地にさせていただきました。
「当たり前の素晴らしさに気づいてみる」とあります。
気づいてなかったなぁーと深~~~い反省とともに
一日一日を大事にしよう!と襟を正しつつ、
相変わらず時間に追われる新年を過ごしております。


2019年1月6日

明けましておめでとうございます。




明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとって幸多き1年となりますよう
心よりお祈り申し上げます。