2021年3月7日

展示会のお知らせ





「新・和本装丁」イラストレーションとデザインで詠む万葉集展
神田の竹尾 見本帖本店にて開催されます。
2021年3月10日[水]~4月9日[金]
11:00~18:00[土日祝休]

装画家と装丁家がペアを組み、
紙屋さんとタッグを組んで令和の万葉集について展示をします。

今回装丁家の成原亜美さんと組んで楽しく描かせていただきました。
我々の選んだ歌は持統天皇の
「北山につらなる雲の青雲の星離りゆき月も離りて」。

コロナ禍ではございますが
お気をつけつつ…楽しんでご覧いただけたら嬉しいです。








展示会のお知らせ




ラストレーター毛利彰の展示会が地元鳥取で開催されます。
イラストレーター毛利彰と戦国武将~吉川経家が生きた時代
3/7(日)から3/21(日)まで 9:00~17:00 (月曜休館)

ラストレーター毛利彰の仕事の後期を飾る戦国武将の数々。
本展示では、戦国武将とともに、
鳥取城で自刃した吉川経家像のオリジナル原画を起点に、
蝶を追って久松山を駆け抜けた氏の少年期への回帰の軌跡をたどります。
展示作品…◆オリジナル吉川経家像 ◆明智光秀他戦国時代の武将
◆久松山をモチーフにしたオリジナル作品(マイマドンナ等)

亡父の思い出深い久松山の麓に建つ仁風閣で展示させていただきます。
コロナ禍ではございますが
お気をつけつつ…楽しんでご覧いただけたら嬉しいです。

ーーー
国指定重要文化財の仁風閣は、鳥取城跡が残る久松山の麓、
久松公園内に建つフレンチ型ルネッサンス様式を基調とした
白亜の建物で明治40年にてられました。
「るろうに剣心」のロケ地にもなりました。






新聞広告のお仕事



この度こちらのイラストレーションを担当させていただきました。
バブル期にはデザイン会社の広告チームに属していたため
15段広告の肌触りが懐かしく
さらにかつての同僚の皆とのお仕事ということもあり
しみじみと温かい気持ちで制作させていただきました。
ありがとうございました。

















2021年2月24日

婦人公論のお仕事




婦人公論3/9号(2/24発売)
特集ページ『エコだけどケチじゃない「始末のいい」暮らし』
こちらの挿絵を担当させていただきました。
扉絵は慎ましく凛とした女性、
清々しい空気感をイメージして描きました。
ご興味ございましたらどうぞご覧ください。



















2021年2月18日

ミステリー雑誌のお仕事




ミステリー雑誌「ジャーロ」(光文社)2021年1月号(No.74) 電子書籍
藤野恵美さんの新連載「ギフテッド」がスタートしました。
この度扉絵を担当させていただきます。
ギフテッドとは、発達に偏りがあるものの
突出した知性と精神性を兼ね備えた子供のことだそうです。
天才児と中学受験を題材にした物語。
ミステリーということで、どんな展開になるのか楽しみです。
こちらは電子書籍になります。
ご興味がございましたらどうぞご購読ください。







2021年2月16日

文芸誌のお仕事



文芸誌「小説すばる」(集英社)2021年1月号
文芸誌「小説すばる」(集英社)2020年12月号
有吉玉青さん連載「ルコネサンス」第11回と最終回。
2020年1月号から1年間、扉絵と挿絵を担当させていただきました。
古いお付き合いの集英社のIさん、
久々にお声がけいただき感激でございました。
改めて心から感謝申し上げます。
「20年ぶりに再会した父娘」を描いた有吉さんの小説に
毎回引き込まれながら楽しく描かせていただきました。
登場人物のきめ細かい心模様が繊細に描かれていて
情況は全く違えど自分の亡き父と微妙に重なる部分も感じ、
何度もウルっとさせられました。
また最初からゆっくりと読み返したいなと思います。
ありがとうございました。



















2021年1月5日

新年のご挨拶

 


明けましておめでとうございます。
年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2021年が穏やかで平和な一年でありますよう
心よりお祈り申し上げます。