2021年2月24日

婦人公論のお仕事




婦人公論3/9号(2/24発売)
特集ページ『エコだけどケチじゃない「始末のいい」暮らし』
こちらの挿絵を担当させていただきました。
扉絵は慎ましく凛とした女性、
清々しい空気感をイメージして描きました。
ご興味ございましたらどうぞご覧ください。



















2021年2月18日

ミステリー雑誌のお仕事




ミステリー雑誌「ジャーロ」(光文社)2021年1月号(No.74) 電子書籍
藤野恵美さんの新連載「ギフテッド」がスタートしました。
この度扉絵を担当させていただきます。
ギフテッドとは、発達に偏りがあるものの
突出した知性と精神性を兼ね備えた子供のことだそうです。
天才児と中学受験を題材にした物語。
ミステリーということで、どんな展開になるのか楽しみです。
こちらは電子書籍になります。
ご興味がございましたらどうぞご購読ください。







2021年2月16日

文芸誌のお仕事



文芸誌「小説すばる」(集英社)2021年1月号
文芸誌「小説すばる」(集英社)2020年12月号
有吉玉青さん連載「ルコネサンス」第11回と最終回。
2020年1月号から1年間、扉絵と挿絵を担当させていただきました。
古いお付き合いの集英社のIさん、
久々にお声がけいただき感激でございました。
改めて心から感謝申し上げます。
「20年ぶりに再会した父娘」を描いた有吉さんの小説に
毎回引き込まれながら楽しく描かせていただきました。
登場人物のきめ細かい心模様が繊細に描かれていて
情況は全く違えど自分の亡き父と微妙に重なる部分も感じ、
何度もウルっとさせられました。
また最初からゆっくりと読み返したいなと思います。
ありがとうございました。



















2021年1月5日

新年のご挨拶

 


明けましておめでとうございます。
年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2021年が穏やかで平和な一年でありますよう
心よりお祈り申し上げます。





2020年10月20日

文芸誌のお仕事




文芸誌「小説すばる」(集英社)11月号
有吉玉青さんの連載「ルコネサンス」
第10回扉絵と挿絵を担当しています。 




2020年9月20日

文芸誌のお仕事

 


文芸誌「小説すばる」(集英社)10月号
有吉玉青さんの連載「ルコネサンス」
第9回扉絵と挿絵を担当しています。






2020年8月20日

文芸誌のお仕事

 



文芸誌「小説すばる」(集英社)9月号
有吉玉青さんの連載「ルコネサンス」
第8回扉絵と挿絵を担当しています。