2021年10月19日

10月〜展示会のお知らせ2





17日、父娘の展示会無事スタートいたしました。
仁風閣の皆さま、毛利彰の会の方々、
16日の搬入設営作業では遅くまでお世話になりました!
天候不順な初日でしたが多くの方々にお越しいただきました。
ありがとうございました。
ポストカードなどの売れ行きも好調とのことでありがたい限りです。
わずかな時間の在廊となりましたが
久々にお会いできた方々もいらして嬉しいスタートです。
最終日は11月7日です。
お近くの皆さま、よろしければどうぞお立ち寄りください。












2021年10月15日

10月〜展示会のお知らせ




鳥取城址公園内の国指定重要文化財の仁風閣で
亡父との初の親子展を企画開催していただくこととなりました。
鳥取市文化財団の皆様には心から感謝申し上げます。
久松山の麓に建つ白亜の洋館・仁風閣近辺は
親子共々若かりし頃の思い出詰まった場所で感慨もひとしおです。
絵画からスタートした父、デザインからスタートした娘。
世界観の異なる父娘のイラストレーションを楽しんでいただく企画展。
それぞれの広告、書籍、挿絵などの仕事を紹介すると共に
オリジナル作品も展示します。
父作品17点・娘作品20点、父の絵と並べて展示なんて気が引けますが

温か〜い目でご覧いただければ幸いす。


「毛利彰・みきイラストレーション展

 ~父からの贈りもの~」

20211017日(日)~117日(日)

9:0017:00 (入館は16:30まで)

休館日/月曜日・祝日の翌日

詳細は仁風閣HP をご覧ください。




2021年7月13日

雑誌のお仕事





『からだと心を徹底メンテナンス!「健康寿命」は何歳からでものばせる』
p9〜p47特集ページのイラストを担当させていただきました。
人生100年は無理としても、元気に老いるは個人的にも重要案件。
特集の中のテーマ毎にご要望をいただきながら
楽しく描かせていただきました。
ありがとうございました♩













2021年4月28日

装画のお仕事




 子宮内フローラを整える習慣』(青春出版社刊)
が4月21日に出版されました。
5年前に同じく青春出版社さんから出版された
『卵子の老化に負けない「妊娠体質」に変わる栄養セラピー』
(古賀 文敏・著/定 真理子・著)に続き
この度も装画をご依頼いただけて嬉しい限りです。
装丁は深沢恵美子さん。
著者は 栄養療法に基づいた不妊治療に取り組んでいらっしゃる
福岡市の古賀文敏ウイメンズクリニック院長の古賀文敏さんです。

子宮の状態がよければ、妊娠率がアップする。
「子宮内フローラ」の改善のカギを握るのは、日々の食事。
ということで、若い女性はもちろん、
日々の健康が気になる方や体質改善を目指す方々へも
大変オススメの御本です。
















2021年4月15日

個展「リズム」終了のお知らせ

 


個展「リズム」無事終了いたしました。
変異株拡大で不安続きの6日間、
今回初めてのZoom在廊ということで
実際にお目にかかることもできない状況にもかかわらず
時間を割いてお立ち寄りいただきご観覧くださった皆さまに
改めて、心から感謝申し上げます。
嬉しい再会、新たな出会い、楽しい毎日でございました。
OPAギャラリーの藤波さん始めスタッフの皆様にも
大変お世話になりました。
手描き(水彩画)を初めて5年目、
自己流でぎこちないですが楽しくなってきました。
皆様からいただいた貴重なご意見を糧に
これからも頑張ってまいりたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





2021年4月14日

個展「リズム」開催のお知らせ4



蔓延防止~が適用され不安の多い中
お立ち寄りいただきました皆さま、
作品をご購入くださった方々、
どうもありがとうございました!
個展「リズム」本日最終日。
17時までとなりますが
ご興味あればどうぞお立ち寄りください。
今日も京都からZoomで在廊しています。
ご来場をお待ちしております。

神宮前OPAギャラリー
4/9(金)から4/14(水)
11:0019:00 (最終日は17:00まで)






2021年4月11日

個展「リズム」開催のお知らせ3





 個展「リズム」3日目となりました。
コロナ禍で不安な中、足をお運びいただきました皆さま、
作品をご購入くださった方々、
どうもありがとうございました!
お花も頂戴し、おかげさまで会場が華やかになりました。
画面越しのお客様との会話も意外と違和感がなく
会場にいるような錯覚さえ覚えます。
今日もZoomで在廊しています。
顔出したりひっこんだりしておりますが
お声がけください。
ご来場をお待ちしております。

4/9(金)から4/14(水)
11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)













2021年4月9日

個展「リズム」開催のお知らせ2





個展「リズム」本日からスタートいたします。
4/9(金)から4/14(水)
11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

OPAの藤波さんとイラストレーターの千秋さんにおんぶに抱っこで
昨日Zoom搬入無事終えて個展準備完了しました。
私は画面を眺めているだけの役立たずぶり。苦笑

この度は在廊もZoomとなります。
画面越しで皆さまにお会いできますのを楽しみにしております。

コロナ感染拡大が心配ですが
お越しいただく際には
どうかくれぐれもお気をつけてご来場ください。

今回はテーマ「リズム」ということで
好きな曲のイメージを絵にしてみたり、
楽器を奏でる動物など計18点描きました。
楽しんでいただけたら幸いです。
















2021年4月2日

個展「リズム」開催のお知らせ1



個展「リズム」を開催させていただきます。
2年ぶりの個展となります。
神宮前OPAギャラリーさんにて
4/9(金)から4/14(水)
11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

朝は朝らしく、昼は昼らしく、夜は夜らしく。
好きな音楽とコーヒーをお供に
自然界のリズムを感じながら描きました。
ホッと一息ついてくだされば幸せです。

京都在住の為、
今回は勝手ながらZoom在廊の予定です。
何かと心配な昨今でございますので
ぜひ!とお誘いしづらいですが
春のお散歩ついでにお気をつけて
ご来場いただけたら嬉しいです。

展示のお知らせ3

 


装丁家の成原亜美さんと選んだ歌、
持統天皇の
「北山につらなる雲の青雲の星離りゆき月も離りて」。

成原さんが原文の漢字の文字並びと文字選びの素晴らしさを生かし
押さえるところを見事に押さえた
クールな素敵なデザインに仕上げてくださいました。

装画を制作するにあたっては青雲の青を基調に
シンプルな表現ができないかと考えました。

夫である天武天皇との永遠の別れを嘆くと同時に
「死」を受け止めなければならない決意のような
持統天皇の凛とした気持ちも感じ取れ、
情緒的にならない方向で仕上げました。

別れを惜しむかのように切れ切れに流れゆく

空一面につらなる青雲とそこにとどまる星と月。

夫と妻それぞれの切ない想いを

感じていただければ嬉しいです。


最終日は4月9日。
ご興味ございましたらどうぞお立ち寄りください、
(1冊2000円でご購入いただけます)







展示会のお知らせ2



神田の竹尾 見本帖本店にて開催されております

ご来場くださった皆さま、
コロナ禍で不安な中足をお運びいただきありがとうございます。
図書設計家協会展示委員の皆さんのご尽力のおかげで
大変楽しい展示だと好評をいただいております。

2021年3月10日[水]~4月9日[金]
11:00~18:00[土日祝休]

残り1週間となります。
お時間ございましたらどうぞお立ち寄りください。






2021年3月7日

展示会のお知らせ1



展示会に参加します。

「新・和本装丁」イラストレーションとデザインで詠む万葉集展
神田の竹尾 見本帖本店にて開催されます。
2021年3月10日[水]~4月9日[金]
11:00~18:00[土日祝休]

装画家と装丁家がペアを組み、
紙屋さんとタッグを組んで令和の万葉集について展示をします。

今回私は装丁家の成原亜美さんと組んで楽しく描かせていただきました。
我々の選んだ歌は持統天皇の
「北山につらなる雲の青雲の星離りゆき月も離りて」。

コロナ禍でございますので
お気をつけつつ…楽しんでご覧いただけたら嬉しいです。








展示会のお知らせ




ラストレーター毛利彰の展示会が地元鳥取で開催されます。
イラストレーター毛利彰と戦国武将~吉川経家が生きた時代
3/7(日)から3/21(日)まで 9:00~17:00 (月曜休館)

ラストレーター毛利彰の仕事の後期を飾る戦国武将の数々。
本展示では、戦国武将とともに、
鳥取城で自刃した吉川経家像のオリジナル原画を起点に、
蝶を追って久松山を駆け抜けた氏の少年期への回帰の軌跡をたどります。
展示作品…◆オリジナル吉川経家像 ◆明智光秀他戦国時代の武将
◆久松山をモチーフにしたオリジナル作品(マイマドンナ等)

亡父の思い出深い久松山の麓に建つ仁風閣で展示させていただきます。
コロナ禍ではございますが
お気をつけつつ…楽しんでご覧いただけたら嬉しいです。

ーーー
国指定重要文化財の仁風閣は、鳥取城跡が残る久松山の麓、
久松公園内に建つフレンチ型ルネッサンス様式を基調とした
白亜の建物で明治40年にてられました。
「るろうに剣心」のロケ地にもなりました。






新聞広告のお仕事



この度こちらのイラストレーションを担当させていただきました。
バブル期にはデザイン会社の広告チームに属していたため
15段広告の肌触りが懐かしく
さらにかつての同僚の皆とのお仕事ということもあり
しみじみと温かい気持ちで制作させていただきました。
ありがとうございました。

















2021年2月24日

婦人公論のお仕事




婦人公論3/9号(2/24発売)
特集ページ『エコだけどケチじゃない「始末のいい」暮らし』
こちらの挿絵を担当させていただきました。
扉絵は慎ましく凛とした女性、
清々しい空気感をイメージして描きました。
ご興味ございましたらどうぞご覧ください。



















2021年2月18日

ミステリー雑誌のお仕事




ミステリー雑誌「ジャーロ」(光文社)2021年1月号(No.74) 電子書籍
藤野恵美さんの新連載「ギフテッド」がスタートしました。
この度扉絵を担当させていただきます。
ギフテッドとは、発達に偏りがあるものの
突出した知性と精神性を兼ね備えた子供のことだそうです。
天才児と中学受験を題材にした物語。
ミステリーということで、どんな展開になるのか楽しみです。
こちらは電子書籍になります。
ご興味がございましたらどうぞご購読ください。







2021年2月16日

文芸誌のお仕事



文芸誌「小説すばる」(集英社)2021年1月号
文芸誌「小説すばる」(集英社)2020年12月号
有吉玉青さん連載「ルコネサンス」第11回と最終回。
2020年1月号から1年間、扉絵と挿絵を担当させていただきました。
古いお付き合いの集英社のIさん、
久々にお声がけいただき感激でございました。
改めて心から感謝申し上げます。
「20年ぶりに再会した父娘」を描いた有吉さんの小説に
毎回引き込まれながら楽しく描かせていただきました。
登場人物のきめ細かい心模様が繊細に描かれていて
情況は全く違えど自分の亡き父と微妙に重なる部分も感じ、
何度もウルっとさせられました。
また最初からゆっくりと読み返したいなと思います。
ありがとうございました。